美肌をゲットするのは40代からでも遅くない|正しい基礎化粧品選び

優しく洗浄する

顔を洗うウーマン

汚れを落としすぎない

洗顔石鹸は、天然由来成分が汚れを洗い流すため必要以上に洗い過ぎないという特徴があります。一般的に、洗顔フォームなど石鹸ではない洗顔料の場合、洗浄力が強力なものが多く汚れをしっかりと落とすことが出来ますがその分肌に必要な分の皮脂まで落としてしまうこともあります。洗顔石鹸の場合は、必要な皮脂は維持することが出来るため乾燥しにくく保湿しやすいと言われています。洗顔石鹸を使用した後は、一時的に乾燥するような感じがする場合がありますがこれは弱酸性の肌がアルカリ性に傾くことで肌が活性化されていることを表しています。その為、洗顔後は乾燥しているのではなく水分が浸透しやすい状態になっているためしっかりと保湿をすることで潤いを保つことが出来ます。

肌への負担が軽い

洗顔石鹸は余分な汚れだけを落として、必要な皮脂を留めておくことで乾燥しにくく潤いを維持することが出来るようになります。天然由来の成分が肌へ負担をかけないため、肌が本来持っている力を引き出すことで肌全体の機能を高めることが出来るようになります。肌の性質である弱酸性に合わせた洗顔料を使うと肌が持つ力が発揮されずに機能が落ちてしまいます。また、洗浄力の強いものを使っても肌がコンディションを整えることに追い付かないことがあります。洗顔石鹸は、肌にとってバランスよく汚れを落として保湿が維持できる洗顔料です。洗顔時も、なるべく泡立てて泡で包むようにして洗うことで肌への刺激も少なく健康で綺麗な肌が維持できるようになります。

Copyright © 2016 美肌をゲットするのは40代からでも遅くない|正しい基礎化粧品選び All Rights Reserved.